「まぶたが重い?」50代からの美容整形

「げっ!50代になってまぶたが下がってきた」


アンケートで80%近い方が、目元周辺のたるみで悩まれていることがわかりました。

その中でも「まぶたが重たい」という悩みはとても深い悩みですよね。

  • 視界が狭くなった気がする・・・
  • まぶたが重く、目が小さくなったように感じる・・・ 

最近こんなことを感じでいませんか?

もしかすると、それは眼瞼下垂(がんけんかすい)かもしれません!

眼瞼下垂はただの老化現象とあなどってはいけません。

何もしないで放っておくと視力が低下したいりや頭痛の原因にもつながるので、早めの改善が必要です


眼瞼下垂とは?
眼瞼下垂は加齢による皮膚のたるみや、まぶたを支える周りの筋肉の力が弱まることによって、まぶたが下がってしまい、十分に目が開かなくなる状態のことをいいます。


眼瞼下垂になると、まぶたの皮膚が目に覆いかぶさり、目つきが悪く見えたりとが小さくなったりするので見た目の印象を変えてしまいます。

また、昔に比べて視界が狭くなるので目が疲れやすくなったり視力が悪化したりします。

さらに、頻回に目を大きく見開く動作によって、肩こりや頭痛などの弊害を引き起こすことやおでこや眉間に深いシワが刻まれてしまったりします。

 

眼瞼下垂が眼瞼下垂は、加齢による「老人性眼瞼下垂」のケースが一番多いのですが、最近多くみられる理由としては、スマホやPCなど普段の生活習慣が原因で起こる「後天性の眼瞼下垂」が20代や30代の若年層に多く見られるようになってきました。

考えられる理由1

花粉症やアトピー性皮膚炎が起こす目のかゆみで、目元周辺をこする動作が多い。

考えられる理由2

コンタクトレンズの装着時、および取り外し時にまぶたを必要以上にひっぱる動作を繰り返し行なっている。(特にハードコンタクトの方)

考えられる理由3

 

過剰なアイメイクやアイプチ(二重形成コスメ)の繰り返しで、目元周辺の皮膚にダメージを与え続けている。

以上のような現代人動作が、若年層の眼瞼下垂を進行させている可能性が高いです。

そして、眼瞼下垂を治療せずに放置すれば、重症化した眼瞼下垂になり歳を 重ねた時にはかなり進行し、大手術が必要になるケースも少なくありません

また、眼瞼下垂は重症化すればするほど難しい手術となってしまいます。
症状が軽いうちに受診することをおすすめします。

 

多くのクリニックでは「切開法」という方法で治療を行っています。

「切開法」はもともと二重形成のための手術で、上まぶたの余分な皮膚を切開し、縫い縮めることで下垂したまぶたを改善する治療法です。

眼瞼下垂でお悩みの方、まぶたのたるみでお悩みの方は一度そういったクリニックへ受診してみてはいかがでしょうか?

まぶたを改善する方法やセルフケアのポイント

睡眠不足の毎日を過ごしていたり長時間パソコンに向かっていたすることで、頭や目元が重く感じることがありますよね。

まぶたがたるんで重く感じている人や、目元を軽くしたくて困っている人もいるでしょう。
ここでは、ではまぶたの重さに悩む方に向けて

  • まぶたが重く見える原因とは?
  • まぶたを軽くするセルフケア方法って?
  • セルフケアの注意点とは?

について解説していきます。

まぶたが重く見える原因とは?

どうしてまぶたが重く見えてしまうのでしょうか?

その原因は1つは、まぶたについている脂肪です。

アジア人はまぶたの皮膚が厚く、皮下脂肪が多いと言われています。

白人に比べ、ホリが深くないのも特徴的です。このような遺伝的な要因からアジア人はまぶたが重く見える方が多いです。

まぶたの脂肪には2種類があります。

・まぶたの皮膚に張り付いている隔膜前脂肪(かくまくぜんしぼう)
・眼球をクッションのように包んでいる眼窩脂肪(がんかしぼう)

特に腫れぼったさを作るのが、2つ目の眼窩(がんか)脂肪です。まぶたが腫れぼったく見える人は、脂肪に水分をため込みやすい傾向があるかこの脂肪が多くついている方です。

まぶたが重く見えてしまうと、疲れているよう、眠そうに見えてしまったり見えたりします。

お化粧でまぶたを軽く見せようとしても、色使いでもっと腫れているように見えてしまう時もあるでしょう

改善の方法がわからなくてそのままになっている人もいるのではないでしょうか。

 

生活習慣も・・・。

生活による影響でも、まぶたは重たくなります。まぶたが軽い日と重い日があるのは、ここからご紹介することがまぶたの重さの原因になっているからです。

画面を見る生活習慣

毎日の生活習慣で、知らない間に目に負担がかかっています。
仕事でモニターに向かうことが多く、さらに帰りの電車の中や帰宅してからスマートフォンをよく見ている人もいるでしょう。

スマホやパソコンを見る時間が長ければ長いほど、まばたきする量が少なくなる傾向にあります。

まばたきの回数が減ると目が乾燥しやすくなるのでドライアイになって注意が必要です。

さらに、ブルーライトなどの光線が目に負担をかけます。

PCやスマホを使いすぎてしまうと、乾燥だけではなくブルーライトによって目が疲れてまぶたが重くなる原因になります。

仮に、あなたが画面を見続ける生活をしているなら、眼球は常に休まることなく疲労が蓄積されているはずです。

 

ドライアイ

目の乾燥でもまぶたは重くなります。
目が乾燥するとまぶたがしっかり開閉しなくなり、重く感じるようになります。

目薬で瞳を潤すとまぶたの開閉が楽になるので乾燥したらケアすることが大事です。

自覚症状が場合もあります。

事務所で長時間過ごしている場合には、エアコンの風が目の乾燥に繋がっているかもしれません。

もし、まぶたの重さが気になるようであれば、眼科で検査をしてもらうと良いでしょう。

 

日々の疲れ

仕事の疲れも、まぶたを重くする原因です。

毎日残業残業で遅くまで仕事をしていて疲れがたまっていませんか?

特にPCに向かって仕事をする時間が長い人は、目を披露しがちです。

目が疲労してくると目の周辺にある神経や筋肉が緊張します。そうなると目元が固くなってまぶたが重いと感じてくる場合もあります。

 

質の悪い睡眠

睡眠の質が悪い場合も、まぶたが重たくなります。

十分に睡眠をとれば自然と目の疲労は回復していきます。でも、ストレスがたまっていると、寝ている間にもリラックスできず緊張した状態になります。

寝ている間に歯をくいしばっている人は意外に多いです。

その結果、目に通じる血管が圧迫されて結構不良にさせてしまうのです。

睡眠中にも疲れずにいると、まぶたを重くする可能性もあります。

 

まぶたが重くならないためのセルフケア方法

まぶたが重くならないようストレスや疲れのない生活を送れたら最高なんですが、なかなかそうもいかないですよね。「まぶたが重たい」というときに、自分でできる簡単なケア方法があります。

 

 

頭をマッサージする

目の疲れは、頭をマッサージすることでも軽減できます

方法は、指先に力をいれて頭を手で包み込むように頭皮をマッサージするだけ。後頭部と首の境目には視神経に繋がるツボがありますので目の疲れを感じるときに押すと、気持ちが良いでしょう。
勤務中にまぶたの重さを感じたときなどは、トイレに立ったタイミングなどで頭皮マッサージをしてみてください。

 

蒸しタオルで温める

蒸しタオルを使って目もとを温めると、血行がよくなりむくみを解消できます。
蒸しタオルを使ったセルフケアの手順は以下の通り。

タオルを濡らします。
軽く絞ったタオルをラップで包みます。
電子レンジで30秒〜60秒温めます。
ラップを外したタオルを目に押し当てます。

電子レンジから出した直後のタオルは非常に熱いので、ヤケドしないように外します。

目元は皮膚が薄いですから、熱すぎるタオルは冷ましてください。

タオル温かく目に当てたときに気持ちいいくらいが目安です。

蒸しタオルを寝る前に目に当てるとリラックスできて、毎日の疲れが緩和されます。

寒い日はお風呂にゆっくり入りながら蒸しタオルで目もとを温めると目だけではなく全身の疲れが取れるでしょう。

蒸しタオルで温めた後は目もとがすっきりして、まぶたが軽くなるのを感じるはずです。

 

目の体操をする

勤務の合間に目が疲れたら、少し休憩して目の体操をしてみましょう。

目の体操は疲労をとるとともに、むくみを解消する効果もあります。

手順は以下の通り。

最初に血行を良くするために目のまわりを温めます。事務所でする場合、市販の使い捨てホットアイマスクを使うとよいでしょう。
目のまわりが温まったら、眉の間に人差し指をあてて眉が動かないように押さえます。
目を大きく開いて上目づかいの状態にして約30回まばたきをしましょう。
目をしっかり閉じて約5秒待ちます。

さらに、5秒目を開けた状態をキープします。

 

ツボを刺激する

まぶたを軽くするためのツボを刺激することでもまぶたの緊張がほぐれてすっきりしますよ。

手順は以下の通り。

眉間のところを触ってみます。

眉間の中心を押すと脈が打っているのでその部分をゆっくりこすります。

そこから目の周りの骨に沿って指を使って移動しながらやさしく圧迫していきましょう。

脈を打つ場所をたよりにゆっくりと強く押しすぎないように気をつけながら、やさしく気持ちよく感じるくらいの力でツボを押すようにしましょう。慣れるまでは難しく感じるかもしれませんが、一度覚えてしまうと手軽にどこでもできます。

まとめ

不安があれば専門家を頼りましょう

自分でケアしたりしてみたもののあまり上手にできない
という方は美容の専門家にエステや美容皮膚科など相談してみるのもおすすめです。

専門家であればまぶたが重くなっている原因を見てくれます。

それぞれの状態にあわせた最適なケアを受けることができます。

まぶたの重さは、まぶたの部分だけの問題でなく、鼻筋や頭やなどとも関係している可能性があります。

セルフケアだけでは物足りない場合は、専門家によるケアを検討してみるとよいでしょう。

まぶたのたるみを解消するエクササイズ!便利な効果的な美容グッズもあるよ

まぶたのたるみ 加齢が原因

まぶたのたるみを気になり始めるのは早くて30代後半から50代頃と言われます。
加齢によってエラスチンやコラーゲンやの生成が衰え、ハリがなくなってまぶたがたるみやすくなります。

また、目の周りの筋肉である眼輪筋(がんりんきん)も弱ってくるのでまぶたを持ち上げる力が弱くなってまぶたが垂れ下がってたるみになります。

まぶたのたるみ 生活習慣が原因

年に関係なくまぶたがたるんでいる人は、生活習慣が原因かもしれませんね。

洗顔やアイメイクなど、摩擦(まさつ)の刺激で眼輪筋(がんりんきん)がダメージを受けてしまうと、まぶたの脂肪や皮膚を支えられなくなってたるみにつながります。

人と話す習慣が少ない人は普段から表情筋を使うことも少なくなってしまいます。筋肉は動かすほど鍛えられて引き締まります。

また、愛煙家の方も血流が悪くなりまぶたの筋肉が早く衰えてしまいます。

まぶたのたるみ 疲れ目と潤い不足が原因

筋力が低下すると筋肉が凝って、血流が悪くなります。

スマホやPCやテレビは遠近感のない画面をずっと眺めるので目の動きが少なくなったりまばたきが少なくなり、まぶたがたるみやすいです。

また、肌の乾燥でハリのない目もとは、下まぶたのたるみだけでなく上まぶたのたるみも悪化させてしまいます。

 

まぶたのたるみを解消する目もとのストレッチ法

上まぶたのたるみをそのままにしていると、目を大きく見せようとおでこにしわができてしまいます。

さらに下まぶたがたるむと、クマが目立って疲れたような印象になることも。

目もとをマッサージをする方もいっらいますが、まぶたは触るほどにたるみがひどくなります。

できるだけ肌を触らないことがたるみ改善には基本です

まぶたのたるみには、目の筋肉を使ったストレッチを心掛けましましょう。

眼輪筋をストレッチで鍛えると、まぶたのたるみがキュッと引き締まって目の下のクマも解消できますよ^^

さら血行も良くなるので、目の周りの老廃物が流れてむくみも取れやすくなるので良いことずくしです。

眼輪筋を鍛えるまぶたストレッチ

目のまわりの筋肉を鍛えるために、眉を上下させることで上まぶたを意識的に動かして鍛えます。

方法その1 まぶたを閉じたまま、眉毛をゆっくりと上げる

方法その2 3秒程キープしたら眉毛の位置をゆっくりと戻す

方法その3 1と2を30回ほど繰り返す

眼輪筋を鍛える目もとストレッチ

大きくウインクをすることで、目のまわりの筋肉を鍛えることができます。

人に見られると恥ずかしいので一人になれるトイレやお風呂場で行いましょう^^

眼輪筋を鍛える目もとストレッチ

方法その1 両目を大きく開けたら、右目はそのままで左目をゆっくり閉じる、その後3秒キープ

方法その2 両目を大きく開けたら、左目はそのままで右目をゆっくり閉じる、その後3秒キープ

方法その3 1と2を30回ほど繰り返す

 

眉のストレッチ

目のまわりだけでなく、顔の上半分の表情筋を動かしてまぶたのたるみを改善します。

眉のストレッチ

方法その1 眉毛を上げて目を大きく開きながら、大きく息を吸い込み2~3秒数える

方法その2 眉の位置はそのままで、まぶたをゆっくり閉じて5秒間息を止める

方法その3 眉の位置を戻すと同時に、息をしっかりと吐き出す

 

たるみが気になるまぶたのアイテム

眼輪筋のストレッチは毎日続けることが重要なんですが、家事や仕事で忙しいと続けることが困難です、また意外と面倒に感じてしまうものです。

そこで、誰でも簡単にたるみケアができるアイテムを紹介します。

グッズのケアやストレッチとなどアプローチが異なるものを組み合わせると効果的です。

眼輪筋のストレッチが30秒でできる「パッチリィ」

エステティシャンが監修している目のまわりの筋肉を刺激するアイテム、パッチリィ。

目もとにパッチリィを30秒当てるだけでストレッチの手順など何も考える必要はありません。

【パッチリィの使い方】

  1. 柄が合わさるようにつまむ
  2. 丸い部分を上まぶたに、下のつまみを下まぶたに当てる
  3. 開いて約30秒間キープする

フォルムが丸く適度な柔軟性があり、目もとを傷つけないやさしい設計です。お風呂のリラックスタイムやテレビを見ている時間を効率的に使え、忙しい方でも取り組みやすいように考えられています。抗菌仕様で自立するので、お風呂場で保管もできて便利です。簡単3ステップでスッキリとした目もとを目指しましょう。

目もとに潤いとハリを与える「エスティローダー アドバンス ナイトリペアEコンセントレイト」

目もとのうるおいが少ないと感じる方には、保湿ケアが大切です。

ナイトリペアEコンセントレイトは、しっとりと滑らかなクリームとアプリケ―ターで簡単に目もとケアができます。

 

【使い方】

  1. アプリケーターで適量の美容液をとる
  2. 下まぶたの目頭からアプリケーターでやさしくなで、目尻で3秒キープ(3回繰り返す)
  3. 2と同じ流れで薬指を滑らせ、目尻から上まぶたを通って目頭に滑らせる
  4. 3を3回繰り返して肌に馴染ませる

基礎化粧品を使用した後に朝晩2回使用します。

目もとの乾燥をケアすることが、年齢に応じたまぶたのケアにつながります。

潤ったまぶたは、スッキリと引き締まった目もとをキープしてくれます。目もとの乾燥が気になる方は集中ケアを試してみましょう。

まとめ

まぶたのたるみを改善したいなら、原因に合ったケアが大切です。

 

眼輪筋を鍛える「まぶたのたるみストレッチ」がおすすめですが手っ取り早く解消するなら美容整形なども考えてはどうでしょう?

毎日のストレッチも続けるのが難しいようなら、手軽にできるまぶたをケアするグッズを使ってみましょう。これであなたもスッキリ魅力的な瞳を目指せますよ!

まぶたのたるみを解消するにはどうしたらいいの?

年齢がとともに気になってくる「まぶたのたるみ」は、見た目の変化だけでなくお化粧が上手くできないなどの問題もあります。

    20代のころは何もしなくてもピンっとハリがあったのにどうして年を重ねてくるとまぶたはたるむのでしょう?

ここでは

「どうして加齢で瞼はたるむの?その原因と解説方法は?」

について解説していきます。

近頃、まぶたのたるみが気になり始めた人という人は最後までごらんくださいませ。

年齢を重ねるとまぶたがたるむのはどうして?

若い頃は、特別なアイケア商品を使わなくてもまぶたにハリはあったけど、30代後半から40代、50代を過ぎるとたるみが気になってくる人もすくなくありません。

まぶたが垂れてくると老けた印象になるほかうまくアイラインが引きにくくなる悩みも出てきますよね。

 

まぶたが加齢によってたるむ原因は以下の3つです。

・筋力が低下
・ハリがなくなる
・皮膚が伸びる

お肌は老化が始まってしまうと、坂を転がるかのようにドンドンハリが無くなってきます。

紫外線の蓄積や肌の乾燥が原因と言われていますが、肌のケアをしていない期間が長い人ほどハリは早く失われてきます。

また、日ごろからスマホを見る時間が長い人や仕事などでモニターをみる方もまぶたの筋力が低下して皮膚を支えてきれなくなって瞼はたるんでしまいます。さらに頻繁に目をこすったり合わないコンタクトレンズをしていると、皮膚が伸びてたるみにつながりますので注意が必要です。

まぶた(加齢による)のたるみを解消する3つの方法!

加齢によってたるんだまぶたも、アイケア解消法を継続して行えば次第にハリがでできます。

2~3日といった短時間では改善されないので毎日コツコツを続けていきましょう。

その1、エイジングケア用のアイクリームでケアする

エイジングケア用のアイクリームには、たるみの予防や解消に効果的な成分が入った商品がいっぱいあります。

保湿成分であるアミノ酸やヒアルロン酸や、たるみにアプローチしてくれるビタミンCが配合されたアイクリームを選ぶとよいでしょう。

アイクリームはマッサージするようによくすり込むと効果がアップします。一日朝晩2回行います。

注意点として強い力で塗るとたるみが悪化する原因になるので、優しくなじませるように心がけましょう。

その2,食生活に気を付ける

アイクリームのような外側からのケアだけでなく、食生活を見直して体の内側からたるみのケアをするのも重要です。

肌のハリを維持するためのコラーゲンは加齢とともに減少してしまいます。コラーゲンが少なくなると「たるみ」になってきます。

 

たるみを復活させる効果が期待できるのは、アミノ酸、コラーゲン、ビタミンCをバランスよく摂取することです。

これらの栄養素を含む食べ物をまとめましたので参考にしてみて下さい。

・アミノ酸
さんま、あじ、かつお、牛肉、大豆、チーズなど

・コラーゲン
エビ、魚の皮、うなぎ、手羽先、豚バラ肉など

・ビタミンC
レモン、キウイ、ブロッコリー、トマト、じゃがいもなど

その3,手っ取り早く解消したいなら美容外科へ行く

加齢によるまぶたのたるみを手っ取り早く解消したいなら、美容外科で施術を受けることをオススメします。

 

例えばヒアルロン酸を注入する方法や皮下脂肪を除去する下眼瞼部脱脂、たるみを切開する下眼瞼切開法などです。

料金は施術によって異なってきますが、比較的お手頃なのはヒアルロン酸注入です。

そういった美容外科では、施術前にカウンセリングを受け付けているので気になっている方は一度受診することをおすすめします。

まとめ

誰にでも起こりる加齢によるまぶたのたるみ。

それは、毎日のケアによって進行が早い人とそうでない人に分かれます。

まぶたをこするクセがある人や肌が乾燥しがちな方は「たるみやすい」傾向があるので、解消法を試すと同時に原因となる習慣をなくすよう気を付けていきましょう。

まぶたのたるみが解消されると、若返った印象になります。

若々しい見た目を取り戻すために、辛抱強く解消法を続けていきましょう。